なぜ電子渡航承認システム(ESTA)による認証が必要か。

2009年1月12日より、より厳格な安全規則に伴い、日本を含む全てのビザ免除プログラム(VWP・Visa Waiver Program) 参加国の国籍保持者が、ESTA申請料を払うことになりました。渡米に際して、ビザ免除渡航者は観光や商用で米国に90日以下の渡航をする場合、ESTAによる認証が必要です。ESTA認証なしで渡米することはできません。米国国土安全保障省(US Department of Homeland Security DHS)が設けた電子渡航承認システム(ESTA)という認証システムを使用し、出発日72時間前までに電子渡航承認システム(ESTA)に登録して下さい。


ESTA登録申請に関する注意すべき点:

  • 有効なパスポートを持つ日本国籍者でなければ登録できない。
  • 現在ESTAの登録許可中ではなく、USビザ査証を申請中ではない。

  • 米国での滞在日数が90日以下である。

  • 商用もしくは観光目的で米国に入国する。

  • 個人の為の登録のみならず、二人以上のグループの為にESTA登録することも可能である。


ESTA申請までの3ステップ

第一ステップ
ESTA申請用紙を記入

申請用紙へ

第二ステップ
支払い
第三ステップ
申請の状況を確認

ビザ免除プログラム(VWP・Visa Waiver Program)は、現在下記の国籍の方に適用されている。
アンドラ、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルネイ、チェコ、*(New)チリ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、日本、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、モナコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、韓国、サンマリノ、シンガポール、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、英国

なぜESTA申請が必要か。
米国の入国審査の際、米国国土安全当局の安全基準を満たさないと米国へ入国できません。ビザ免除プログラム対象国国籍がない方達は米国へ入国できません。米国の入国審査の際、特別な審査が必要な人を、到着前の時点で選り分ける目的で導入されました。

渡米のためになぜESTA登録書が必要か。
以前渡米の際の航空機内・船内で記入されていた入国申告書が、現在のESTA登録書へと変更されました。

ESTA登録書の有効期間はどのぐらいか。
パスポートの有効期間以内であれば、ESTA登録書はその発行日付から2年間有効です。2年に渡り繰り返し渡米することが可能です。ビザ免除プログラムを利用して渡米する場合、米国に入国する日から90日以内であることが必要となります。パスポートの有効期限が90日以下の場合は、パスポートの有効期限日までの滞在期間が許可されることになります。

米国が通過国の場合(トランジットの場合)にもESTA登録書が必要か。
必要です。例えば、米国経由でキューバへ渡航する場合、ESTAによって確認した登録書が必要です。

いつこの登録方式が導入されたか。
電子渡航承認システム(ESTA)は2008年11月7日に米国国土安全保障省(DHS)により導入されました。

渡米の際出発のどれくらい前にESTA登録すべきか。
ESTA承認には渡米査証申請から少なくとも72時間が必要です。渡米出発日72時間前までに電子渡航承認システム(ESTA)に登録して下さい。

ESTA申請が承認されたら、次のステップは何か。
ESTA登録が認証されたら、発行日付から2年間以内の期間において、90日間以下米国に滞在できます。しかしESTAが承認されたことは、必ず米国に入国できることを保証するわけではないので、入国の際国境警備局がその都度判断するということを念頭に置いておいてください。

注意: 米国入国の目的がビザ免除プログラムの規定と一致している必要があります。ビザ免除プログラムを何度も使用する、もしくは毎回90日間の滞在を繰り返すと、滞在ビザや永住ビザを申請することを求められる可能性があります。

子供にもESTA登録が必要か。
2006年10月26日以降に発行、または更新された子供のパスポートは、米国へのビザ免除プログラム(VWP・Visa Waiver Program)には有効ではありません。子供がビザ免除プログラムを利用して渡米する場合、電子パスポートが必要になります。